身体小説論 : 漱石・谷崎・太宰

石井洋二郎 著

明治〜大正〜昭和-日本の近代化を身体が表象する。心理小説から身体小説へ。文学を「身体」で読む、初の試み。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 身体・社会・文学
  • 第1章 遅延する身体-夏目漱石『三四郎』を読む
  • 第2章 挑発する身体-谷崎潤一郎『痴人の愛』を読む
  • 第3章 闘争する身体-太宰治『斜陽』を読む
  • 終章 不自由からの逃走

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 身体小説論 : 漱石・谷崎・太宰
著作者等 石井 洋二郎
書名ヨミ シンタイ ショウセツ ロン : ソウセキ タニザキ ダザイ
出版元 藤原書店
刊行年月 1998.12
ページ数 354p
大きさ 20cm
ISBN 4894341166
NCID BA39270266
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99055152
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想