中央省庁の政策形成過程 : 日本官僚制の解剖

城山英明, 鈴木寛, 細野助博 編著

従来、ブラックボックス化してきた省庁内部の意志決定プロセスを明示化する初めての試み。気鋭の研究者と現職キャリアとのコラボレーションにより、官僚システムのダイナミズムを分かり易く解説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 本書の目的と方法
  • 第1章 政治学から見た官僚制
  • 第2章 経済学から見た官僚制メカニズム
  • 第3章 行政学における中央省庁の意思決定研究
  • 第4章 通産省の政策形成過程
  • 第5章 国土庁の政策形成過程
  • 第6章 建設省の政策形成過程
  • 第7章 厚生省の政策形成過程
  • 第8章 総務庁・行革審議機関の政策形成過程
  • 第9章 大蔵省の政策形成過程
  • 第10章 外務省の政策形成過程
  • 第11章 国会の政策形成過程と立法補佐機関
  • 終章 比較・評価・課題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中央省庁の政策形成過程 : 日本官僚制の解剖
著作者等 城山 英明
細野 助博
鈴木 寛
書名ヨミ チュウオウ ショウチョウ ノ セイサク ケイセイ カテイ : ニホン カンリョウセイ ノ カイボウ
シリーズ名 計画行政叢書 / 日本行政学会 編 9
出版元 中央大学出版部
刊行年月 1999.1
ページ数 365p
大きさ 22cm
ISBN 4805711183
NCID BA39269802
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99058134
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想