神道 : 日本生まれの宗教システム

井上順孝 編 ; 伊藤聡, 遠藤潤, 森瑞枝 著

私たちにとってもっとも身近でありながらもっとも曖昧な宗教-神道。しかしそこには膨大な思索の蓄積があり、歴史的にも重要な役割を演じてきた。神道の起源、仏教・道教・儒教との習合隔離、神社と祭り、天皇制と国家神道…、その歴史を「宗教システム」の変容として、30のキーワードでたどり、日本人にとっての「カミ」の姿を浮き彫りにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 神道とは何か
  • 1 古代-神道のあけぼの
  • 2 中世-習合する神々
  • 3 近世-自画像を求める神道
  • 4 近現代-近代化に向かいあう神道

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 神道 : 日本生まれの宗教システム
著作者等 井上 順孝
伊藤 聡
森 瑞枝
遠藤 潤
書名ヨミ シントウ : ニホン ウマレ ノ シュウキョウ システム
シリーズ名 ワードマップ
出版元 新曜社
刊行年月 1998.12
ページ数 269p
大きさ 19cm
ISBN 4788506580
NCID BA39256990
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99060365
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想