マウスラボマニュアル

東京都臨床医学総合研究所実験動物研究部門 編

本書は、マウスを扱った経験の乏しい研究者をも対象に、基本の技術(飼育の仕方や臓器の採取法など)から、かなり高度な技術(遺伝子改変マウスの作製法やポジショナルクローニングなど)までを網羅し、この一冊があれば、マウスに関するあらかたの実験ができるようにした。特に、発生工学的手法に限らず、遺伝学的な方法も十分に解説した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 飼育と取扱い
  • 第2部 遺伝学的手法
  • 第3部 ポジショナルクローニング
  • 第4部 遺伝子導入動物
  • 第5部 インフォーマティクス

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マウスラボマニュアル
著作者等 東京都臨床医学総合研究所
東京都臨床医学総合研究所実験動物研究部門
書名ヨミ マウス ラボ マニュアル : イデンシ ノ ドウニュウ ト カイセキ オ チュウシン ニ
書名別名 遺伝子の導入と解析を中心に
シリーズ名 Springer lab manual
出版元 シュプリンガー・フェアラーク東京
刊行年月 1998.12
ページ数 339p
大きさ 26cm
ISBN 4431707905
NCID BA39246829
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99057861
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想