禁衞府の研究 : 幻の皇宮衞士總隊

藤井徳行 著

国体護持を使命として終戦直後に組織され、わずか七カ月後に解体された「禁衛府」。その全貌を明らかにした画期的な研究。巻末資料として、『禁闕守護教科書』(全4巻)を翻刻。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 昭和二十年・禁衛府の成立(はじめに
  • 終戦時における禁闕守衛
  • 禁衛府構想原案の作成 ほか)
  • 第2章 禁衛府の制度、組織、人事(問題の所在
  • 禁衛府官制の成立
  • 皇宮衛士総隊 ほか)
  • 第3章 禁衛府廃止経緯(問題の所在
  • 新衛士募集
  • 臨時皇宮衛士教習所 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 禁衞府の研究 : 幻の皇宮衞士總隊
著作者等 藤井 徳行
臨時皇宮衞士教習所
書名ヨミ キンエイフ ノ ケンキュウ : マボロシ ノ コウグウ エイシ ソウタイ
出版元 慶應義塾大学出版会
刊行年月 1998.11
ページ数 312p
大きさ 22cm
ISBN 476640727X
NCID BA39237555
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99090207
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
禁闕守護教科書 臨時皇宮衞士教習所
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想