なぜ、猫とつきあうのか

吉本隆明 著

幼い頃の猫の思い出と歴代の「吉本家の猫」とのつき合いをたどり、猫の習性、猫という存在のもっている不思議、人間との共生の仕方の細部、さまざまな猫の死、などなどを、柔らかく深い視線で観察し、この愛すべき同伴者への限りない共感を、詩人の直観と思想家の鋭利な分析力で表現した、すべての猫好きの人々に贈る傑作エッセイ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 なぜおまえは猫が好きなんだ、というふうに言われたら、存外こっちのひとりよがりで…
  • 2 人間なんかになれているようなふりしているけど、絶対なれていないところがありますからね。
  • 3 種族としての猫というのは、犬に比べたら、横に生活している気がするんです。
  • 4 猫のほうはなにかやっぱり受け身のわからなさみたいなのがたくさんあってね。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 なぜ、猫とつきあうのか
著作者等 吉本 隆明
書名ヨミ ナゼ ネコ ト ツキアウノカ
書名別名 Naze neko to tsukiaunoka
シリーズ名 河出文庫
出版元 河出書房新社
刊行年月 1998.10
ページ数 206p
大きさ 15cm
ISBN 4309405517
NCID BA39205297
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99025498
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想