名字と日本人 : 先祖からのメッセージ

武光誠 著

数え方にもよるが、日本人の名字はなんと三十万種近くにもなるという。こんなに厖大な数の名字がどうしてできたのだろう?その中でも「佐藤さん」「鈴木さん」たちが多いわけは?徳川家康はなぜ「源朝臣家康」なのだろう?身近でありながら疑問だらけの名字のルーツ。古代の「姓」から「名字」が生まれてくる過程を、武家支配と「家」の誕生という中世日本史のダイナミズムにからめて詳述する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 名字の不思議
  • 第2章 武士団と名字の形成
  • 第3章 名字の全国的普及
  • 第4章 江戸幕府の苗字・帯刀の制限
  • 第5章 世界の姓氏と明治の戸籍法
  • 第6章 先祖探しと名字

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 名字と日本人 : 先祖からのメッセージ
著作者等 武光 誠
書名ヨミ ミョウジ ト ニホンジン : センゾ カラノ メッセージ
シリーズ名 文春新書
出版元 文藝春秋
刊行年月 1998.11
ページ数 206p
大きさ 18cm
ISBN 4166600117
NCID BA39178503
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99047637
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想