酒と酢 : 都市から農村まで

日本福祉大学知多半島総合研究所, 博物館「酢の里」 共編著

毎年百万樽の酒を消費した大都市江戸や地元尾張、三河への酒・酢販売はどのように行われてきたのか。販売実態を通じて地域経済像を浮き彫りにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 販売の特徴-江戸売と地売
  • 大消費地・江戸の魅力
  • 地売-安定的な酢のひろがり
  • 知多醸造業の明暗-幕末から明治にかけて
  • 酢の消費と食文化

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 酒と酢 : 都市から農村まで
著作者等 博物館酢の里
日本福祉大学知多半島総合研究所
書名ヨミ サケ ト ス : トシ カラ ノウソン マデ
シリーズ名 中埜家文書にみる酢造りの歴史と文化 5
出版元 中央公論社
刊行年月 1998.11
ページ数 76p
大きさ 26cm
ISBN 4124901399
NCID BA39151926
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99124389
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想