日本の食・100年<たべる>

田村眞八郎, 石毛直道 編

食の文化の学際的研究をめざす、というのがフォーラムの基本理念のひとつである。したがって、さまざまな分野からの一流の研究者がメンバーとして参加している。16年間にフォーラムに参加した人びとの総数は約160名にのぼり、そのうち約60人は毎回のように出席する固定メンバー、すなわち常連である。フォーラムを核として、分野のちがう研究者のあいだでの友情がはぐくまれ、食の文化を探求する同志的連帯が成立したのである。この常連たちがフォーラムの歴史をささえてきたのである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1回 社会と食(食生活の価値観と科学技術・一〇〇年
  • 食と健康の政策
  • 米食の変化と背景)
  • 第2回 食材の変化と背景(小麦粉の食文化一〇〇年
  • 魚食文化の変化と背景-鮭鱒一〇〇年
  • 肉と乳製品の文化一〇〇年
  • 野菜供給・消費の一〇〇年)
  • 第3回 食のくらし(「ハレーケハレーケーケガレ」の食
  • 弁当と給食の一〇〇年
  • 家庭の食卓風景一〇〇年)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の食・100年<たべる>
著作者等 田村 真八郎
石毛 直道
書名ヨミ ニホン ノ ショク 100ネン タベル
シリーズ名 食の文化フォーラム
出版元 ドメス
刊行年月 1998.10
ページ数 251p
大きさ 20cm
ISBN 4810704874
NCID BA39145264
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99039973
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想