日系カナダ人の追放

鹿毛達雄 著

日系カナダ人は年齢・性別・国籍を問わず太平洋戦争勃発直後から1949年に至るまで市民としての自由や基本的権利をうばわれていたが、日系人に対する一連のカナダ政府の政策のなかには大戦直後の1946年に3964人のカナダ市民権を持つ者が多数を占める日系カナダ人の日本への追放という極端な政策が含まれていた。その犠牲者の経験を紹介し、それを日系カナダ人の歴史の一章として加える一助とすることが本書の主題である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 差別と偏見の歴史
  • 第2章 日系カナダ人の「送還」と「分散」
  • 第3章 追放された日系人、半世紀の経験
  • 第4章 カナダに戻った日系人
  • 第5章 補償の解決と日系人社会

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日系カナダ人の追放
著作者等 鹿毛 達雄
書名ヨミ ニッケイ カナダジン ノ ツイホウ
書名別名 Nikkei kanadajin no tsuiho
シリーズ名 世界人権問題叢書 25
出版元 明石書店
刊行年月 1998.12
ページ数 243p
大きさ 20cm
ISBN 4750311197
NCID BA39140012
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99063652
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想