人は放射線になぜ弱いか

近藤宗平 著

放射線の健康影響資料と動物実験を厳密に調査し、少しの被ばくなら危険ではない多数の証拠を記述。最近の生命科学でわかりはじめた「人体防御機能のすばらしさの秘密」の一部を紹介。「放射線は少しなら心配無用」といえる科学の時代がきたことを本書は告げる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 わが青春と原子放射線
  • 1章 放射線に対する不安
  • 2章 放射線の人体への影響
  • 3章 人体は放射線に弱くて強い
  • 4章 低線量の危険と発がん機構
  • 5章 生物の進化と環境への適応
  • 6章 原発事故放射能にびくともしない人体

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人は放射線になぜ弱いか
著作者等 近藤 宗平
書名ヨミ ヒト ワ ホウシャセン ニ ナゼ ヨワイカ : スコシ ノ ホウシャセン ワ シンパイ ムヨウ
書名別名 少しの放射線は心配無用

Hito wa hoshasen ni naze yowaika
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 1998.12
版表示 第3版
ページ数 268p
大きさ 18cm
ISBN 4062572389
NCID BA39131361
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99041441
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想