冷戦後の国際政治 : 実証・政策・理論 : 慶應義塾大学法学部政治学科開設百年記念論文集

添谷芳秀, 赤木完爾 編

歴史的転換の意義と展望。慶応義塾大学法学部政治学科開設百年記念出版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 実証-冷戦とその後(冷戦の終結
  • 朝鮮半島の危機管理
  • アジア・欧州関係の新展開
  • 大国重視の中国外交
  • 変容する東南アジア)
  • 2 政策-日本外交への視角(歴史にみる日本外交
  • 日本のアジア太平洋外交
  • 規制緩和と日本の国内構造)
  • 3 理論-パラダイム転換の射程(プログラム型国際政治学
  • 収穫逓増の国際政治学に向けて)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 冷戦後の国際政治 : 実証・政策・理論 : 慶應義塾大学法学部政治学科開設百年記念論文集
著作者等 小島 朋之
小此木 政夫
山本 信人
慶応義塾大学法学部
池井 優
添谷 芳秀
田中 俊郎
草野 厚
薬師寺 泰蔵
赤木 完爾
遠矢 浩規
書名ヨミ レイセンゴ ノ コクサイ セイジ : ジッショウ セイサク リロン : ケイオウ ギジュク ダイガク ホウガクブ セイジ ガッカ カイセツ ヒャクネン キネン ロンブンシュウ
出版元 慶應義塾大学出版会
刊行年月 1998.11
ページ数 301p
大きさ 22cm
ISBN 4766407156
NCID BA39098255
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99090204
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想