ポストコロニアルの文学

ビル・アッシュクロフト, ガレス・グリフィス, ヘレン・ティフィン 著 ; 木村茂雄 訳

ポストコロニアル文学が世界を新たに読み換える-。帝国主義という政治的一極集中と「言語」の衣をまとった権力による文化の一元化を、西洋の形而上学はいかに可能としたのか。近現代を屈強に構築してきた論理を解体する可能態としてのポストコロニアル文学。その歴史から理論までを縦横に検証する待望の邦訳。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 場を切り開く-ポストコロニアル文学の批評モデル
  • 第2章 言語の新たな位置づけ-ポストコロニアル文学におけるテクストの戦略
  • 第3章 テクストの新たな位置づけ-ポストコロニアル文学の解放
  • 第4章 十字路に立つ理論-土着的な理論とポストコロニアル批評
  • 第5章 理論の新たな位置づけ-ポストコロニアル文学と文学理論
  • 結語 英語よりも「英語」を

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ポストコロニアルの文学
著作者等 Ashcroft, Bill
Griffiths, Gareth
Tiffin, Helen
木村 茂雄
Griffith Gareth
グリフィス ガレス
ティフィン ヘレン
アッシュクロフト ビル
書名ヨミ ポストコロニアル ノ ブンガク
書名別名 The empire writes back

Posutokoroniaru no bungaku
出版元 青土社
刊行年月 1998.12
ページ数 391, 35p
大きさ 20cm
ISBN 4791756878
NCID BA3909358X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99117454
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想