衣裳論 : ズボンとスカート 男女のまとう自然的人為的外皮の性格及び意義についての試論

エリック・ギル 著 ; 増野正衛 訳

[目次]

  • 目次
  • この本を読む人のために 花森安治
  • I 予備的考察及び主張 / 6
  • II 住居としての衣服について / 31
  • III 仕事場としての衣服について / 61
  • IV 教会や公会堂としての衣服について / 93
  • V 特殊部分のための衣服について / 129
  • VI 仕立屋の威儀と作法と専横とについて / 153
  • VII 自然と裸体とについて / 185
  • VIII ズボンについての結論 / 211
  • 訳者後記 / 225
  • 装幀 流政之

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 衣裳論 : ズボンとスカート 男女のまとう自然的人為的外皮の性格及び意義についての試論
著作者等 Gill, Eric
増野 正衛
エリック・ギル
書名ヨミ イショウロン : ズボン ト スカート ダンジョ ノ マトウ シゼンテキ ジンイテキ ガイヒ ノ セイカク オヨビ イギ ニ ツイテ ノ シロン
書名別名 Ishoron
出版元 創元社
刊行年月 1952
ページ数 232p 図版
大きさ 19cm
NCID BA39080690
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
53000809
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想