精神分裂病の統合心理療法マニュアル

ハンス・D.ブレンナー ほか著 ; 池沢良郎, 植木啓文, 高井昭裕 訳

精神分裂病の統合心理療法が初めて論文として世に問われたのは1980年にさかのぼり、以来下位プログラムの修正を重ねながらも、その治療効果についての実証的研究報告がなされるまでになっている。本書はこの治療技法を具体的に記したマニュアルである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 精神分裂病の統合治療の基礎
  • 治療プログラムと5つの下位プログラム
  • 治療プログラムの実施
  • 治療題材
  • 治療プログラムの条件、その実施と適応
  • 適応の鑑別と評価のための診断手段
  • 実証的研究の紹介と検討
  • 精神分裂病患者のためのIPT修正プログラム
  • 参考文献
  • 治療者用の記録票および患者用自己評価尺度
  • わが国の慢性分裂病者における統合心理療法の臨床経験

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 精神分裂病の統合心理療法マニュアル
著作者等 Brenner, Hans D
植木 啓文
池沢 良郎
高井 昭裕
Brenner Hans D.
Brenner Hans Dieter
Hodel Bettina
Kienzle Norbert
Liberman Robert P.
Reed Dorie
Roder Volker
キーンツレ ノルベルト
ホーデル ベッティーナ
リバーマン ロバート・P.
リード ドリー
ローダー フォルカー
ブレンナー ハンス・D.
書名ヨミ セイシン ブンレツビョウ ノ トウゴウ シンリ リョウホウ マニュアル
書名別名 Integrated psychological therapy for schizophrenic patients
出版元 医学書院エムワイダブリュー
刊行年月 1998.12
ページ数 163p
大きさ 26cm
ISBN 4872670698
NCID BA39079534
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99060411
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想