咀嚼健康法 : 脳と体を守る

上田実 著

口のなかの病気といえば虫歯と口内炎しか思い浮ばず、さほど深刻でないと考える人が多いが、肩凝りや腰痛などを引き起こす場合もあって軽視することはできない。そのうえ最新の研究成果によって、咀嚼という日常の行為が運動能力の優劣を左右し、脳の働きにまで影響することが明らかにされつつある。本書は、体を健康に保ち、脳の働きを活性化するうえで重要な「口腔の医学」に焦点を当て、高齢化社会の医療を考える試みである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 口のなかにできる病気
  • 第2章 咬み合わせと体の健康
  • 第3章 咀嚼のしくみ
  • 第4章 咬み合わせとスポーツ
  • 第5章 咀嚼と脳の働き
  • 第6章 咀嚼を守る最新戦略

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 咀嚼健康法 : 脳と体を守る
著作者等 上田 実
書名ヨミ ソシャク ケンコウホウ : ノウ ト カラダ オ マモル
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1998.12
ページ数 172p
大きさ 18cm
ISBN 4121014510
NCID BA39076321
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99068236
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想