最後の浮世絵師 : 河鍋暁斎と反骨の美学

及川茂 著

時代の激動期に生きた最後の大物絵師がいた。国芳に美人画を学び、狩野派を僅か19歳で卒業した天才絵師、暁斎である。骸骨や動物を人間の如く描きだす筆致にお雇い外国人も驚嘆した。徳川・明治と時の政府を笑い飛ばし、文明開化に右往左往する世情を面白おかしく描き常に庶民に温かい目を向けた。まさに時代の寵児と言える画狂人の生涯を変転する時代とともに鮮やかに描きだす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 世界を流転した代表作「大和美人図屏風」
  • 第1章 幕末の美術界-浮世絵は衰退していたのか
  • 第2章 生首を写生する少年絵師
  • 第3章 パリ万国博覧会と印象派の画家たち
  • 第4章 世界が注目した未知の大画家
  • 第5章 北斎と暁斎-なぜヨーロッパに受け入れられたのか
  • 第6章 暁斎の戯画-時代へのまなざし
  • 第7章 開化に翻弄された明治期の美術界
  • 第8章 明治の絵師暁斎の世界
  • 第9章 人類の遺産となった日本美術
  • 付章 絵日記に見る暁斎の日々の暮らし

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 最後の浮世絵師 : 河鍋暁斎と反骨の美学
著作者等 及川 茂
書名ヨミ サイゴ ノ ウキヨエシ : カワナベ キョウサイ ト ハンコツ ノ ビガク
書名別名 Saigo no ukiyoeshi
シリーズ名 NHKブックス
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 1998.12
ページ数 214p
大きさ 19cm
ISBN 4140018488
NCID BA39072273
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99129604
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想