磐梯山噴火 : 災異から災害の科学へ

北原糸子 著

1888年(明治21)、福島県の磐梯山が噴火し、数ヵ村が壊滅した。政府や科学者・新聞メディアが、この噴火を学理研究の好機会として調査・報道を繰り返すなか、被災者たちの救済・復興は困難をきわめる。また、その一方で、この時代は人々の災害観が大きく展開をとげていく時にあたっていた。災害を通して時代の転換期を描く、新しい社会史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 災害と社会
  • 2 新聞は災害をどう伝えたか
  • 3 義捐金問題-新しい社会空間の登場
  • 4 災害救助法-近世から近代へ
  • 5 磐梯山噴火の被害と救済
  • 6 災害リアリティーへの接近
  • 7 災害を視る眼

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 磐梯山噴火 : 災異から災害の科学へ
著作者等 北原 糸子
書名ヨミ バンダイサン フンカ : サイイ カラ サイガイ ノ カガク エ
シリーズ名 ニューヒストリー近代日本 3
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1998.12
ページ数 270, 14p
大きさ 20cm
ISBN 4642037020
NCID BA39042363
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99057991
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想