高橋是清の日本改造論 : "デフレ大恐慌"のいま、死中に活路を見い出す

高橋是清 遺述 ; 山崎源太郎 編 ; 矢島裕紀彦 新編

日本発の世界恐慌の悪夢は現実となり得るのか…。戸惑うばかりで何も打ち出せない政治化たちに盲従する私たちへ、この本は活路を示し、そして喝を入れる。かつて、あまたの民を苦しめた昭和恐慌に酷似した事態が、その世紀末に再びやってくると、誰が予想したであろう。その意味で当時国民を救った不橈の蔵相、高橋是清の熱と血の言葉は、あまりにも尊い。日本経済再生のための「唯一無二の哲学」が、まさに今、蘇る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 「金融常識」の章
  • 2 「非常時経済」の章
  • 3 「財政政策」の章
  • 4 「税制整理」の章
  • 5 「赤字公債」の章
  • 6 「不況物価」の章
  • 7 「円防衛」の章
  • 8 「貿易摩擦」の章
  • 9 「国土改造」の章

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 高橋是清の日本改造論 : "デフレ大恐慌"のいま、死中に活路を見い出す
著作者等 山崎 源太郎
矢島 裕紀彦
高橋 是清
書名ヨミ タカハシ コレキヨ ノ ニホン カイゾウ ロン : デフレ ダイキョウコウ ノ イマ シチュウ ニ カツロ オ ミイダス
書名別名 Takahashi korekiyo no nihon kaizo ron
出版元 青春出版社
刊行年月 1998.12
ページ数 251p
大きさ 20cm
ISBN 4413031245
NCID BA39028588
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99055147
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想