機能と変容

東京大学社会科学研究所【編】

空想された過去と記憶された未来の間で。「アメリカの平和」に象徴される「世界秩序」の形成から動揺の過程を改めて問い直し、世紀末、ヘゲモニーの後退による揺らぎのなか、新たな「システム」の胎動にふれる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 システムの再編はその動揺か精緻化か
  • 1章 国際通貨システムの動揺と変容
  • 2章 自由貿易主義と保護主義-戦後の通商システムの展開
  • 3章 日本型多国籍企業による国際的技術伝播-アメリカ型との比較の視点から
  • 4章 ヨーロッパ統合の射程-覇権代替の可能性
  • 5章 20世紀システムにおけるベトナム戦争-1961年の「愚行」
  • 6章 冷戦の終わりかた-合意による平和から力の平和へ
  • 7章 ヘゲモニーとネットワーク-国際政治における秩序形成の条件について

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 機能と変容
著作者等 伊藤 元重
安保 哲夫
工藤 章
東京大学社会科学研究所
松岡 完
橋本 寿朗
河合 正弘
藤原 帰一
東大社会科学研究所
書名ヨミ キノウ ト ヘンヨウ
シリーズ名 20世紀システム / 東京大学社会科学研究所 編 6
出版元 東京大学出版会
刊行年月 1998.12
ページ数 352p
大きさ 22cm
ISBN 4130341162
NCID BA39023562
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99084633
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想