ランボー詩集

ランボー 著 ; 鈴村和成 訳編

本書では、今日望みうる限りのランボー学の成果を取り入れるとともに、近ごろ顧みられることの少ない中原中也、小林秀雄、金子光晴の優れた訳業を再評価し、「日本のランボー」決定版を編纂した。清岡卓行、渋沢孝輔ら現代詩人のほか、粟津則雄、宇佐美斉ら研究者による精緻な訳詩とともに、編者による『地獄の季節』全篇の新訳に書き下ろしのランボー論を加えて、今なお時代の尖端に位置する詩人の精髄を極めた一冊になっている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 幸福
  • 最も高い塔の歌
  • 飢餓の祭り
  • 永遠
  • オフェリヤ
  • 酩酊船
  • 僕の小さな恋人たち
  • ジャンヌ・マリーの手
  • キャバレ「緑」
  • 牧神の頭〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ランボー詩集
著作者等 Rimbaud, Arthur
鈴村 和成
ランボー
書名ヨミ ランボー シシュウ
シリーズ名 海外詩文庫 12
出版元 思潮社
刊行年月 1998.12
ページ数 160p
大きさ 19cm
ISBN 478372511X
NCID BA38977250
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99050863
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想