ボルヘス詩集

ボルヘス 著 ; 鼓直 訳編

第一次世界大戦前後のジュネーブやマドリードで前衛主義の洗礼を受けた後、「宿命」のブエノスアイレスに帰還したボルヘスは、斬新な「ウルトライスモ」の旗幟を掲げて詩壇に打った出た。しかし、それぞれ『審問』と『伝奇集』で代表されるエッセー、短篇のような他ジャンルに関るあいだに、詩風を一変させる。中年に至ってホメーロスやミルトンと同じく失明の悲運に遭遇したこともあって、記憶と推敲に便利なソネットのような定型を用い、月、川、砂、薔薇、虎、鏡といった伝統的な隠喩を借り、古今東西の神話、伝説、文学。思想からの引用を頼りながら、宇宙と存在の永遠の在りようを探る形而上学的な詩人へと変貌したのだ。本書では、『創造者』以降の晩年の詩集からできる限り多くの作品を採ることによって、反時代的であるが故にかえって時代に新鮮な衝撃を与えた、めくるめく「時間の迷宮」の主の姿を鮮明に浮かび上がらせようとした。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 見知らぬ街
  • サン・マルティン広場
  • ロサス
  • 散策
  • 夜明け
  • サン・フアン街の夜
  • バラ色の店のある街
  • 町外れの地平線を眺めながら
  • 別れ
  • キローガ将軍、馬車で死に向かう
  • 平安を誇る〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ボルヘス詩集
著作者等 Borges, Jorge Luis
鼓 直
Borges J.L.
ボルヘス
書名ヨミ ボルヘス シシュウ
シリーズ名 海外詩文庫 13
出版元 思潮社
刊行年月 1998.12
ページ数 189p
大きさ 19cm
ISBN 4783725128
NCID BA38976054
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99043934
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 スペイン語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想