近代化の中のアイヌ差別の構造

成田得平 ほか編

[目次]

  • 1 差別広告であると認めながら-差別ということについて本当にわからないんです
  • 2 糾弾会つぶしの危機-経済制裁なんて毛頭考えておりません
  • 3 「真のアイヌ文化」の正しい紹介とは?-昔のものをとりあげてご紹介申し上げるのが、まだ前よりはましじゃないかと
  • 4 「アイヌ差別」の歴史的社会的要因にせまる-ウチの会社が組織として偏見をもっていたということはないと思います
  • 5 なぜ無知でいられたか-やはり社会構造自体、客観的に見ても差別する側なんじゃないか
  • 6 近代化の中の差別の歴史をさかのぼる-数百年前の体制とは関係ないのに、なんだか間尺に合わぬなと
  • 7 旅行業者としての役割の重さ-今後のアイヌの人びとをめぐる観光について、過去の歴史を踏まえうまい接点を見つけ出す必要があるなと
  • これからがはじまり-社長たる私といたしましても事の重大性を十分認識しております

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代化の中のアイヌ差別の構造
著作者等 成田 得平
花崎 皋平
河野 本道
田中 美智子
計良 光範
計良 智子
書名ヨミ キンダイカ ノ ナカ ノ アイヌ サベツ ノ コウゾウ
シリーズ名 世界人権問題叢書 24
出版元 明石書店
刊行年月 1998.11
版表示 新版.
ページ数 355p
大きさ 20cm
ISBN 4750311073
NCID BA3891610X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99056717
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想