染と織の歴史手帖 : 「きもの」と「きれ」をもっと深く知るために

吉岡幸雄 著

日本人は何を纏ってきたのか。辻が花、更紗、友禅、小袖、能や狂言の装束、江戸庶民の麻や木綿…。染織の手わざを訪ね、本物の「和の文化」に魅せられるカラー図典・決定版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 日本人が纏ってきたもの(シルクロード-ローマへの絹の道
  • 日本の染織のあけぼの
  • 源氏物語の色
  • 辻が花序章-公家から武家のきものへ ほか)
  • 第2部 裂の図典(法隆寺裂
  • 白鳳から天平へ
  • 正倉院裂
  • 平安・鎌倉時代 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 染と織の歴史手帖 : 「きもの」と「きれ」をもっと深く知るために
著作者等 吉岡 幸雄
書名ヨミ ソメ ト オリ ノ レキシ テチョウ : キモノ ト キレ オ モット フカク シル タメニ
書名別名 Some to ori no rekishi techo
出版元 PHP研究所
刊行年月 1998.11
ページ数 278p
大きさ 22cm
ISBN 456960031X
NCID BA38905180
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99043080
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想