首をはねろ! : メルヘンの中の暴力

カール・ハインツ・マレ 著 ; 小川真一 訳

多くの人にとって、メルヘンは楽しい子供時代の思い出であろう。たとえば有名な「いばら姫」の話-「王子さまのキスで百年の眠りから覚めたお姫さまは、王子さまと結婚しました。めでたしめでたし。」だが、これに続く話をどれだけの人が知っているだろうか?-王子の母親は実は人喰い女だった。王子が戦場に行ってしまうと、母親は嫁とその子供たちを食べてしまおうと考える。そして料理人を呼びつけ、孫の一人を料理するように命ずる…このような残酷な場面が、メルヘンの世界にはたくさん登場する。なぜだろう?また、どんな意味があるのだろう?著者マレは、グリム童話の中のさまざまな暴力シーンを取り出して、鮮やかに読み解いていく。ここに描かれているのは、家庭、政治、国家など、現実の世界の反映であった。暴力を呼び起こし、それを阻止するものは何なのだろうか?マレは心理学者でも、精神分析家でもない。一人の教師が、毎週一度生徒たちに昔話を話して聞かせる、その過程の中からこの本は生まれた。「メルヘンは太古の現代である」とゲーテは言った。普遍的な真実、永遠に変わらない要素を、ゲーテはメルヘンのうちに認めていたのである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 暴力の楽しみ
  • 人間狼としての人間-公然の暴力
  • 隠微な暴力
  • 言うことを聞け、いやなら死ね-手きびしい教訓劇
  • 想像の中の暴力
  • 暴力とセックス
  • お上に逆らう下々
  • 終わりなき暴力

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 首をはねろ! : メルヘンの中の暴力
著作者等 Mallet, Carl-Heinz
小川 真一
Mallet Carl‐Heinz
マレ カール=ハインツ
書名ヨミ クビ オ ハネロ : メルヘン ノ ナカ ノ ボウリョク
書名別名 Kopf ab!
出版元 みすず書房
刊行年月 1998.10
版表示 新装.
ページ数 307, 4p
大きさ 20cm
ISBN 4622049570
NCID BA38902466
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99040433
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想