インスリン抵抗性症候群

秦葭哉 編

本書は、動脈硬化の発症基盤として、新しい意味をもつ多代謝異常症候群(Pluri‐metabolic syndrome)あるいは複合危険因子症候群(Multiple risk factor syndrome)、さらには成人病、生活習慣病などと呼ばれる病態の本態を「インスリン抵抗性」の増大とみなして、その概念、病態、動脈硬化との関係、予防、治療の各面について、関連領域の専門家に考察していただいた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 インスリン抵抗性症候群総論
  • 第2章 インスリン抵抗性症候群の基礎類似概念
  • 第3章 インスリン抵抗性症候群としてみた病態
  • 第4章 インスリン抵抗性を改善する生活・食事因子ならびに薬物
  • 第5章 インスリン抵抗性症候群の予防と治療

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 インスリン抵抗性症候群
著作者等 秦 葭哉
書名ヨミ インスリン テイコウセイ ショウコウグン
書名別名 Insurin teikosei shokogun
出版元 日本メディカルセンター
刊行年月 1998.9
ページ数 347p
大きさ 26cm
ISBN 4888751080
NCID BA38835256
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20005576
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想