国際法社会学の理論 : 複雑システムとしての国際関係

廣瀬和子 著

本書は、社会学を社会科学全体の中で位置づけし、社会学が他の社会科学に対してどのような役割を果たしているか、どのような貢献をしているかを明らかにした。法学が他の社会科学とは異なり、社会の実態を象徴するシンボルの科学であることを明らかにし、法社会学を、実態(政治、経済、社会など)とシンボル(文化、理念、法など)との相互作用によって機能する社会についての、インターディシプリナリーな科学として構成した。その際、社会システムおよび法システムをそれぞれ独立のシステムとして、概念構成したうえで、両システムの相互作用を特定した。同じことを国際関係における国際法についても行い、国際法の社会学(Sociology of International Law)という独自の学問を構築した。国内法と国際法の関係として、日本国憲法第9条と国連憲章(特に第7章の集団安全保障システム)の関係をとりあげ、両システムに所属する日本の行動がどのようになるかを考察した。また、国際法と国際政治の関係として、「核兵器使用の違法性」と「核抑止の論理」の関係をとりあげた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 社会の総合的理解をめざして
  • 第1章 システム理論の基礎概念
  • 第2章 複雑システムとしての行動システム
  • 第3章 自己組織化する世界の認識のために-社会科学統合の論理
  • 第4章 世界は日本を変えたか-戦争の違法化と日本国憲法9条
  • 第5章 日本は世界を変えられるか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国際法社会学の理論 : 複雑システムとしての国際関係
著作者等 広瀬 和子
書名ヨミ コクサイホウ シャカイガク ノ リロン : フクザツ システム ト シテノ コクサイ カンケイ
出版元 東京大学出版会
刊行年月 1998.11
ページ数 285p
大きさ 22cm
ISBN 4130311611
NCID BA38824602
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99060753
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想