記憶 : ホロコーストの真実を求めて

ラウル・ヒルバーグ 著 ; 徳留絹枝 訳

畢生の大著『ヨーロッパ・ユダヤ人の絶滅』で民族絶滅の構造を解明したヒルバーグ。しかし最初に彼を待ち受けていたのは黙殺と非難であった。忘却と記憶の政治に翻弄され続けた歴史家がたどった孤独な内省の旅。ヒルバーグ自伝。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 書評
  • 第2章 経歴
  • 第3章 賭け
  • 第4章 私の闘争について
  • 第5章 余波
  • 第6章 人は何をするのか
  • 第7章 ウィーン

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 記憶 : ホロコーストの真実を求めて
著作者等 Hilberg, Raul
徳留 絹枝
ヒルバーグ ラウル
書名ヨミ キオク : ホロコースト ノ シンジツ オ モトメテ
書名別名 The politics of memory
出版元 柏書房
刊行年月 1998.11
ページ数 247, 5p
大きさ 20cm
ISBN 4760116931
NCID BA3878622X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99068323
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想