熱流体の分子動力学

小竹進 著

熱流体現象をより精緻に理解し活用するための手法として分子動力学による分子・原子レベルの解析が威力を発揮しています。本書は、熱流体現象の基礎である熱物性、熱伝導、物質拡散、凝縮・蒸発、界面伝熱、流体粘性について分子動力学法による数値計算法、適用条件等を具体的に解説します。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 分子動力学の基礎
  • 2 熱流体物理量
  • 3 数値解法と境界条件
  • 4 分子運動
  • 5 熱伝導
  • 6 相変化
  • 7 界面伝熱
  • 8 物質拡散
  • 9 流体粘性

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 熱流体の分子動力学
著作者等 小竹 進
書名ヨミ ネツリュウタイ ノ ブンシ ドウリキガク
書名別名 Netsuryutai no bunshi dorikigaku
出版元 丸善
刊行年月 1998.11
ページ数 147p
大きさ 22cm
付随資料 フロッピーディスク1枚 (3.5″2HD)
ISBN 4621045180
NCID BA38767054
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99048155
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想