日本とはどういう国かどこへ向かって行くのか : 「改革」の時代・日本の構造分析

渡辺治 著

新ガイドライン、行政・政治「改革」、大国ナショナリズム、天皇などを徹底的に分析し、ふたたび"殴る側"に立った現代日本の支配構造を政治、経済、軍事、国際関係、イデオロギーの連関のなかで、鋭く分かりやすく論究する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 本書の課題と視角
  • 第1章 現代日本の政治・経済の焦点
  • 第2章 日本の大国化と「平和のゆくえ」-沖縄特措法「改正」・安保再定義の背景
  • 第3章 「政治改革」から憲法「改正」へ-九三年政変の歴史的意義
  • 第4章 橋本「行政改革」は日本をどこへ導くか
  • 第5章 現代日本の大国化とナショナリズム-自由主義史観台頭の背景
  • 第6章 戦後政治の流れにみる天皇と日本のナショナリズムの変容

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本とはどういう国かどこへ向かって行くのか : 「改革」の時代・日本の構造分析
著作者等 渡辺 治
書名ヨミ ニホン トワ ドウユウ クニ カ ドコエ ムカッテ ユクノカ : カイカク ノ ジダイ ニホン ノ コウゾウ ブンセキ
シリーズ名 発言の記録 1
出版元 教育史料出版会
刊行年月 1998.11
ページ数 310p
大きさ 19cm
ISBN 4876523517
NCID BA38678147
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99112077
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想