英語科教育の基礎と実践 : English education : 新しい時代の英語教員をめざして

JACET教育問題研究会 著

教課審の答申で、中学・高校での外国語(英語)必修が本決まりになり、かなり多くの時間数が確保された。小学校では「総合学習の時間」の設置により、ほとんどのところで、「英語教育」を開始すると見込まれる。外国語を習得させるという複雑極まりない要素を含んだ仕事ができる有能な教員が今ほど必要とされている時はない。本書は、英語教員になりたいと願う現役学生、免許は取っておきたいと考えている現役学生、新しい教科教育法を勉強してみたいという現職教員および英語を教えることに興味を持つ一般人を対象にした、「英語科教育法」のテキストである。各章の冒頭にはその章を理解する鍵となるキーワードの一覧表を置き、章末には、精選した参考文献を挙げ、解説をつけてどのような本なのかわかるようにした。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 英語教育の基礎知識(英語科教育法では何を学ぶのか
  • 世界における英語の位置付け
  • 学校教育の中の英語教育:学習指導要領について ほか)
  • 第2部 英語指導の基本(英語指導の原理-その歴史と発展
  • 第一言語(母語)習得と第二言語習得
  • コミュニケーション能力 ほか)
  • 第3部 英語指導の実際(ティーム・ティーチングによる指導
  • テストと評価
  • 教育機器の活用 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 英語科教育の基礎と実践 : English education : 新しい時代の英語教員をめざして
著作者等 大学英語教育学会
JACET教育問題研究会
書名ヨミ エイゴカ キョウイク ノ キソ ト ジッセン : アタラシイ ジダイ ノ エイゴ キョウイン オ メザシテ
出版元 三修社
刊行年月 1998.12
ページ数 249p
大きさ 21cm
ISBN 4384010850
NCID BA38670870
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99047759
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想