ことばの歴史学 : 源氏物語から現代若者ことばまで

小林千草 著

古代から現代へと、滔々と流れる"ことばの大河"を、「中世ことば」を舵とりに下りながら、岸々に展開する人々の生活をながめてゆく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ことばの小径(室町の音・今の音
  • だくだく・きやきや
  • 黒みすぐるまで ほか)
  • 2 ことばの歴史学(平安時代の日常会話
  • 髪をこそ形見にはすれ-院政期の会話文
  • 六代御前物語-鎌倉ことばと室町ことば
  • 江戸町娘の会話点描)
  • 3 平成若者ことば白書(ぼく、女の子
  • やにさがるって?
  • 「なにげに」考
  • さくっととりあえず)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ことばの歴史学 : 源氏物語から現代若者ことばまで
著作者等 小林 千草
書名ヨミ コトバ ノ レキシガク : ゲンジ モノガタリ カラ ゲンダイ ワカモノ コトバ マデ
書名別名 Kotoba no rekishigaku
シリーズ名 丸善ライブラリー
出版元 丸善
刊行年月 1998.11
ページ数 253p
大きさ 18cm
ISBN 4621052802
NCID BA3861754X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99047629
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想