文学から見る「満洲」 : 「五族協和」の夢と現実

川村湊 著

戦後の日本文学は、満洲国崩壊のなかから始まった。戦前・戦中の「満洲」を舞台に、多くの文学者たちによって展開された「満洲文学」とは何だったのか。異郷の地での文学という窓を通して、「理念国家」の現実を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「五族協和」と満洲国-プロローグ
  • 少年少女たちの満洲
  • 日本人たちの満洲文学『満洲浪曼』と『作文』
  • 「満洲人」による満洲文学
  • 在満朝鮮人の満洲文学
  • 白系露人の満洲文学
  • 満洲国崩壊と流浪の「昭和文学」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 文学から見る「満洲」 : 「五族協和」の夢と現実
著作者等 川村 湊
書名ヨミ ブンガク カラ ミル マンシュウ : ゴゾク キョウワ ノ ユメ ト ゲンジツ
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 58
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1998.12
ページ数 190p
大きさ 19cm
ISBN 4642054588
NCID BA38614803
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99055686
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想