特務機関の謀略 : 諜報とインパール作戦

山本武利 著

第二次大戦中、ビルマなどで暗躍した光機関。近年公開の米国立公文書館の特務機関や日本軍暗号通信解読文書(英・和文)から、連合国との熾烈な謀報・宣伝活動の実態、悲惨な結末となったインパール作戦の敗因を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • インパール作戦
  • 暗号戦略
  • 光機関の構造と機能
  • 光機関のスパイ工作
  • 光機関の宣伝活動
  • 戦争末期の光機関とボース
  • 謀報・宣伝から見たインパール作戦

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 特務機関の謀略 : 諜報とインパール作戦
著作者等 山本 武利
書名ヨミ トクム キカン ノ ボウリャク : チョウホウ ト インパール サクセン
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 57
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1998.12
ページ数 227p
大きさ 19cm
ISBN 464205457X
NCID BA38614574
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99055687
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想