海賊たちの中世

金谷匡人 著

海賊とは何か。漁民として生活し、海の交易を担った人びとが、同時に「海賊」と呼ばれる存在でもあった。戦国時代の瀬戸内海を舞台に、どの大名にも属さず、独自のルールで海の世界を自由に生きた海賊たちの姿を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 海賊とは何か
  • 海賊をどうとらえるか-本書の視点
  • 海賊と海賊衆
  • 海関・海城をめぐって
  • 港・船・海
  • 海と海賊衆-まとめにかえて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 海賊たちの中世
著作者等 金谷 匡人
書名ヨミ カイゾクタチ ノ チュウセイ
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 56
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1998.12
ページ数 205p
大きさ 19cm
ISBN 4642054561
NCID BA38614370
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99055688
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想