地獄と極楽

速水侑 著

猛火の中を罪人が逃げ惑う凄惨な地獄と、荘厳甘美な極楽世界。この二つの風景は、今も日本人の意識の根底に生き続けている。その原点である『往生要集』は、どのような社会・時代的背景をもとに生れたのかを追究する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 『往生要集』の説く地獄と極楽(来迎寺の六道絵
  • 地獄道の苦しみ
  • 地獄以外の諸道の苦しみ
  • 極楽浄土の楽しみと往生の行)
  • 『往生要集』成立の背景(念仏結社と源信
  • 称名念仏と観想念仏)
  • 『往生要集』成立の影響(念仏結社の人びとと『往生要集』
  • 上流貴族社会と『往生要集』
  • 地獄の系譜と『往生要集』)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 地獄と極楽
著作者等 速水 侑
書名ヨミ ジゴク ト ゴクラク : オウジョウ ヨウシュウ ト キゾク シャカイ
書名別名 『往生要集』と貴族社会

Jigoku to gokuraku
シリーズ名 往生要集 51
歴史文化ライブラリー 51
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1998.12
ページ数 214p
大きさ 19cm
ISBN 4642054510
NCID BA38606543
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99055693
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想