博物館を考える : 新しい博物館学の模策

水藤真 著

今日の日本で、「博物館」といった場合、いわゆる博物館・美術館はもちろん、動物園・水族館・プラネタリウムまでが含まれる。本書は、博物館の歴史、博物館の現状と問題点、そして、将来の博物館の果たす役割などを考えたものである。歴史系の博物館を中心にしながら、一方で、できるだけ多くの博物館を対象にして考察を進めた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 博物館への期待
  • 第2章 日本の博物館の現状
  • 第3章 資料論
  • 第4章 資料の保存・分析
  • 第5章 展示と教育・普及
  • 第6章 博物館の歴史
  • 第7章 博物館の課題と展望
  • 終章 あるべき博物館

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 博物館を考える : 新しい博物館学の模策
著作者等 水藤 真
書名ヨミ ハクブツカン オ カンガエル : アタラシイ ハクブツカンガク ノ モサク
出版元 山川出版社
刊行年月 1998.10
ページ数 176p
大きさ 19cm
ISBN 4634606704
NCID BA3857536X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99042975
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想