至高体験 : 自己実現のための心理学

コリン・ウィルソン 著 ; 由良君美, 四方田剛己 訳

人間の新しい地平をひらく、悦びの純粋な瞬間「至高体験(ピーク・イクスペリエンス)」。倒錯や異常といった病理を斥け、あくまでも健康人の心理学の確立を目指したエイブラハム・マスローの仕事のなかに、『アウトサイダー』のウィルソンが見出した驚くべき可能性-。十九世紀以降の心理学が辿った複雑な歩みを、分りやすく語った本。

「BOOKデータベース」より

至高体験とは、健康人における精神的エネルギーの奔出である。デカルト以来の心理学研究の歴史を辿り、さらに実存精神分析・現存在分析・現象学等のフロイト以降の諸革命を追いながら、病理分析・異常心理分析に没頭してきた、従来の心理学を逆転させ、真に健康な人間が日常性の只中で、美的・宗教的経験の極致に感得する、<至高体験>をキイ・ワードに、健康人のための創造的心理学を構築する、コリン・ウィルソン久々の快著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 機械論の時代-デカルトからミルへ
  • 意志の心理学へ-ブレンターノからジェイムズへ
  • フロイト以降
  • マスロー、伝記的スケッチ
  • 人間の限界をより高く
  • 現在地点

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 マスロー-個人的なノート
  • 第1部(機械論の時代-デカルトからミルへ
  • 意志の心理学へ-ブレンターノからジェイムズ
  • フロイト以降)
  • 第2部(マスロー,伝記的スケッチ
  • 人間の限界をより高く)
  • 第3部 現在地点

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 至高体験 : 自己実現のための心理学
著作者等 Wilson, Colin
四方田 剛己
四方田 犬彦
由良 君美
ウィルソン コリン
書名ヨミ シコウ タイケン
書名別名 New pathways in psychology
出版元 河出書房新社
刊行年月 1979.11
版表示 第7版
ページ数 332p
大きさ 20cm
ISBN 4309240224
NCID BA38574888
BN00441227
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
80005249
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想