心臓核医学検査

西村恒彦 編

本書の構成は総論としての「心臓核医学検査の基礎」や、各論としての「心筋血流」、「心筋代謝」などの項目に加え、この数年間における心臓核医学の基礎、臨床両方に渡る進歩を取り入れ、さらに新しい医療体系のなかにおける心臓核医学検査の位置づけや役割についての項目も追加した。したがって、本書は心臓核医学の基本手技から最近の応用に至るまで、簡潔にして明解にまとめられており、心臓核医学検査法に直接携わる医師のみならず核医学や循環器病学を専攻する医師にとって有益な書物となっている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 心臓核医学検査の基礎
  • 心臓核医学検査の位置づけ
  • 心臓核医学検査の役割
  • 心筋SPECT検査
  • 201Tl心筋シンチグラフィ
  • 99mTc標識心筋血流イメージング
  • 心プールシンチグラフィ
  • 123I‐BMIPP心筋脂肪酸代謝イメージング
  • 123I‐MIBG心筋交感神経機能イメージング
  • 心筋壊死イメージング
  • PETによる心筋血流・代謝イメージング
  • 心臓核医学検査の新しい展開

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 心臓核医学検査
著作者等 西村 恒彦
書名ヨミ シンゾウ カク イガク ケンサ
書名別名 Shinzo kaku igaku kensa
シリーズ名 目でみる循環器病シリーズ : 改訂版 10
出版元 メジカルビュー社 : グロビュー社
刊行年月 1998.10
版表示 改訂版
ページ数 180p
大きさ 26cm
ISBN 4895537439
NCID BA38563713
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99028368
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想