対訳ディキンソン詩集

ディキンソン [著] ; 亀井俊介 編

生前、わずか10篇の詩を発表しただけで、無名のまま生涯を終えたエミリー・ディキンソン(1830‐86)。没後発見された千数百篇にのぼる作品により、アメリカの生んだ最もすぐれた詩人の一人に数えられるにいたったディキンソンの傑作50篇を精選。「夢をはらむ孤独者」の小さくて大きな詩の世界を堪能できる一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 成功をもっとも心地よく思うのは
  • 歓喜とは出て行くこと
  • 「脱走」という言葉を聞くと
  • 法悦の一瞬ごとに
  • 大声あげて戦うことは、とても勇ましい-
  • 詩人たちのうたう秋のほかに
  • 水は、のどの渇きが教えてくれる
  • 手負いの鹿は-もっとも高く跳び上がる-
  • わたしがもう生きていなかったら
  • わたしは酌む、人が醸造したことのない酒を〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 対訳ディキンソン詩集
著作者等 Dickinson, Emily
亀井 俊介
ディキンソン エミリー
書名ヨミ タイヤク ディキンソン シシュウ
シリーズ名 アメリカ詩人選 3
岩波文庫 3
出版元 岩波書店
刊行年月 1998.11
ページ数 175p
大きさ 15cm
ISBN 4003231015
NCID BA38517589
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99050582
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想