新しい考古学と古代マヤ文明

ジェレミー・A.サブロフ 著 ; 青山和夫 訳

本書は、より「科学的な」古代マヤ文明の人類学的研究の1990年代前半における到達点を総合化した最良の概説書。古代マヤ文明の研究を事例として、第2次世界大戦後の調査・研究の積み重ねとともに、アメリカ合衆国における1960年代以降の人類学としての新しい考古学の理論と方法論の変革、ならびにハイテク技術をはじめとする新しい科学技術の導入によって、考古資料から古代文明社会の政治・経済組織をどのように復元できるようになったのかを見事に描き出している。また、なぜ、どのように古代マヤ文明が興亡したのかという過程、およびロマンチックな古代マヤ文明の「旧モデル」がどのように形成され、より現実的な「新モデル」がどのように出現してきたのか、といった極めて複雑な問題を非常に明快に説明している点で、学術的意義の高い専門書と言える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 現代の「科学的な」考古学の発達
  • 第2章 古代マヤ文明の旧モデル
  • 第3章 古典期マヤ文明の新しい見方
  • 第4章 先古典期マヤ文明と後古典期マヤ文明の新しい見方
  • 第5章 古代マヤ文明の新モデルの出現
  • 第6章 考古学と現代世界

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新しい考古学と古代マヤ文明
著作者等 Aoyama, Kazuo
Sabloff, Jeremy A
青山 和夫
サブロフ ジェレミー・A.
書名ヨミ アタラシイ コウコガク ト コダイ マヤ ブンメイ
書名別名 The new archaeology and the ancient Maya
出版元 新評論
刊行年月 1998.11
ページ数 241p
大きさ 22cm
ISBN 4794804245
NCID BA3851279X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99040493
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想