脳が言葉を取り戻すとき : 失語症のカルテから

佐野洋子, 加藤正弘 著

ある日突然、交通事故による外傷や脳梗塞などによって大脳の言語中枢が損傷されると、人は言葉を失う。その時、われわれ人間は、いったい何を失うのだろうか。近年、コンピューターサイエンスや脳研究の進展によって失語症研究にも新たな展望が開けてきた。言葉を失った働き盛りのビジネスマンが、若い母親が、言葉を取り戻し、職場や家庭に復帰しようとしている。失語症の回復過程から脳の働きの不思議に迫り、言葉を失って初めて見えてくる人と言葉と社会の関係を問う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 脳が言葉を失うとき(脳が失うもの
  • 失語症を捉えなおす
  • 脳は言葉を取り戻せるのか)
  • 第2部 脳が言葉を取り戻すとき-ある失語症者の長い旅路(脳は言葉をどのように取り戻すのか
  • 病院から外の世界へ
  • 社会復帰に向けて)
  • 第3部 失語症者と共に生きる(失語症者と社会の関わり)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 脳が言葉を取り戻すとき : 失語症のカルテから
著作者等 佐野 洋子
加藤 正弘
書名ヨミ ノウ ガ コトバ オ トリモドス トキ : シツゴショウ ノ カルテ カラ
書名別名 No ga kotoba o torimodosu toki
シリーズ名 NHKブックス
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 1998.11
ページ数 285p
大きさ 19cm
ISBN 4140018453
NCID BA3850965X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99111470
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想