医療・保健のための臨床統計 : 日常の診療・保健におけるデータのまとめに必携

柳川洋 編 ; 柳川洋 ほか著

臨床や保健医療活動に従事する人達が症例をまとめたり、臨床疫学研究を実施するときに使用する基本的な統計処理方法。各項目ごとに目的と内容の解説、簡単な応用例の呈示、使用上の問題点(長所、短所、誤った使いかた、その他の注意事項)を示した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 基本的事項
  • データの種類と解析方法
  • 確率分布
  • 誤差と偏り
  • 仮説検定
  • 差の検定と推定
  • 分割表による検定
  • 標本の大きさ
  • 相関と回帰
  • ノンパラメトリック統計法〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 医療・保健のための臨床統計 : 日常の診療・保健におけるデータのまとめに必携
著作者等 柳川 洋
吉村 典子
坂田 清美
小柳 英樹
尾島 俊之
森岡 聖次
中村 好一
書名ヨミ イリョウ ホケン ノ タメノ リンショウ トウケイ : ニチジョウ ノ シンリョウ ホケン ニ オケル データ ノ マトメ ニ ヒッケイ
出版元 診断と治療社
刊行年月 1998.10
ページ数 133p
大きさ 26cm
ISBN 4787807110
NCID BA38482247
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99101306
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想