借家と持ち家の文学史 : 「私」のうつわの物語

西川祐子 著

藤村「家」から健三郎、春樹、ばななをへて小島信夫「うるわしき日々」まで、近代一世紀の日本語文学を、集団制作による一編の大河小説として読みとおす、繊細にして破天荒な文学入門。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 借家の文学史
  • 第2章 生きられた家・描かれた家(家族の家の時代
  • 部屋の時代
  • 離合集散の時代)
  • 第3章 持ち家と部屋の文学史

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 借家と持ち家の文学史 : 「私」のうつわの物語
著作者等 西川 祐子
書名ヨミ シャッカ ト モチイエ ノ ブンガクシ : ワタクシ ノ ウツワ ノ モノガタリ
出版元 三省堂
刊行年月 1998.11
ページ数 379p
大きさ 20cm
ISBN 4385358818
NCID BA38468789
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99043044
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想