遺伝子と闘う人たち

カール・A.ドルリカ 著 ; 長野敬, 川村越 訳

医療の世界を大きく変貌させた遺伝子工学の新技術。その革新は、福音か罠か。出生前診断からホルモン療法、HIV感染の早期発見まで、医療現場の実態に迫る。遺伝子と闘う人々のドラマを克明に描いた、ライフサイエンスの最新成果。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 先生、私の赤ちゃんだいじょうぶ?
  • 第2章 物理学者とファージ
  • 第3章 黄金時代
  • 第4章 内なる敵
  • 第5章 悪い遺伝子の修復
  • 第6章 感染の早期発見
  • 第7章 私にうつしたのは誰だ
  • 第8章 合理的な疑いを越えて
  • 第9章 体を大きくする?
  • 第10章 総合スクリーニングに向けて
  • 第11章 社会と革命

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 遺伝子と闘う人たち
著作者等 Drlica, Karl
川村 越
長野 敬
Drlica Karl A.
ドルリカ カール・A.
書名ヨミ イデンシ ト タタカウ ヒトタチ
書名別名 Double-edged sword
出版元 青土社
刊行年月 1998.11
ページ数 269, 5p
大きさ 20cm
ISBN 4791756703
NCID BA38466433
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99104100
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想