生体工学

化学工学会 編

1980年代には一躍脚光をあびブームとなった遺伝子工学などのバイオテクノロジー。一時の過熱ぶりはなくなったが、先端技術としての重要性は確固たるものになっている。本書は、材料や機械を含む広く工学諸分野において、バイオテクノロジーがどのように利用されつつあるかという点に主眼をおいて編集。基礎的事項の解説を最小限にとどめ、応用例の割合を増やした。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 酵素の利用
  • 酵素を用いた光学活性物質の生産
  • 合成プロセスへのシトクロムP450の利用-高脂血症治療薬プラバスタチンの生産を例として
  • 細胞の利用
  • 抗生物質生産プロセス
  • ビール醸造プラントのコンピューターシミュレーション
  • 生体構成成分の利用-生体高分子の構造と機能
  • ペプチド材料
  • シアル酸の用途開発
  • 生体模倣材料〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生体工学
著作者等 化学工学会
化学工学会東海支部
書名ヨミ セイタイ コウガク
書名別名 Seitai kogaku
シリーズ名 化学工学の進歩 第32集
出版元 槙書店
刊行年月 1998.11
ページ数 246p
大きさ 22cm
ISBN 4837506542
NCID BA38428150
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99045241
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想