構文と事象構造

中右実 編 ; 中右実, 西村義樹 著

われわれは身体経験や知覚経験を通して世界を有意味な状況の類型に概念化し構造化する。本巻では日英語の慣習化された代表的な構文を取り上げ、その根底にどのような事象構造の概念型が張りついているか、その対応関係を掘り起こし、同時に日英語の異同を見極めることがその眼目である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 空間と存在の構図(「に」と「で」からの発想-空間認識構造を探る
  • BEとHAVEからの発想-存在・所有・経験の型を探る)
  • 第2部 行為者と使役構文(理論的背景
  • 使役構文のプロトタイプとその意味
  • 無生物主語の使役構文
  • 意図しない結果を表す使役構文
  • 英語の結果構文)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 構文と事象構造
著作者等 中右 実
西村 義樹
書名ヨミ コウブン ト ジショウ コウゾウ
書名別名 Kobun to jisho kozo
シリーズ名 日英語比較選書 5
出版元 研究社
刊行年月 1998.11
ページ数 217p
大きさ 21cm
ISBN 4327260053
NCID BA38417482
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99114055
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想