ザビエルの見た日本

ピーター・ミルワード [著] ; 松本たま 訳

日本人の西欧文化受容に重要な役割を演じたフランシスコ・ザビエル。一五四九年に来日すると、旺盛な行動力で布教に邁進した。その間、スペインのイエズス会や友人宛に手紙を書き送る。いわく、日本人は知識に飢えている。神の存在に興味を示し説教に真剣に聞き入っている。いわく、日本はキリスト教伝道にふさわしい国だ…。書簡から、ザビエルの心情とその目に映った日本人像を読みとる好著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 想像・印象・思い出(日本に上陸する前のこと
  • 日本の話(アンジロウ)
  • 日本にいたときのこと
  • 日本に去ってからのこと)
  • 第2部 ザビエルの手紙について(日本人の気質
  • 日本の宗教
  • ザビエルの教え
  • 霊魂の救いと滅びの問題について
  • ザビエルの偉大さ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ザビエルの見た日本
著作者等 Milward, Peter
松本 たま
ミルワード ピーター
書名ヨミ ザビエル ノ ミタ ニホン
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1998.11
ページ数 181p
大きさ 15cm
ISBN 4061593544
NCID BA38408426
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99045322
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想