経営学の方法と歴史

田中照純 著

本書は、経営学という他の社会科学に比して相対的に若い学問の本質を究明することを基本課題とし、その存在意義や存在根拠を探る。これまで展開・蓄積されてきた経営学の方法論研究に依拠しながら、そこに潜む諸問題の解明をめざし、また経営学史的研究を展開、その生成基準を明らかにし、日本経営学史を把握する。

「BOOKデータベース」より

博士論文;博士論文

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 序論 経営学本質論に向けて
  • 第1部 経営学方法論の展開(経営学方法論の意義と論点
  • 経営学の研究対象
  • 経営学の学問的性格
  • 経営学の分類と体系
  • 経営学の国籍と名称)
  • 第2部 経営学の史的考察(経営学史の意義と位置づけ
  • 経営学史の性格・対象・方法
  • 経営学の生成根拠と生成基準
  • 日本経営学の生成期
  • 経営学の発展と学派形成)

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はしがき / p1
  • 序論 経営学本質論に向けて / p1
  • 第1部 経営学方法論の展開
  • 第1章 経営学方法論の意義と論点 / p11
  • I 意義の二重性 / p11
  • II 方法論と内容展開 / p13
  • III 経営学方法論の特殊的意義 / p18
  • IV 経営学方法論の諸論点 / p21
  • V 諸論点の相互関係 / p25
  • 第2章 経営学の研究対象 / p31
  • I 対象規定の機能と限界 / p31
  • II 対象規定の階層性 / p35
  • III 対象規定の諸類型 / p39
  • IV 個別資本の運動法則 / p52
  • 第3章 経営学の学問的性格 / p59
  • I 課題設定 / p59
  • II 経営学の実践性 / p62
  • III 経営学と経済学の関係 / p69
  • 第4章 経営学の分類と体系 / p86
  • I その意義と根拠 / p86
  • II 広義と狭義の経営学 / p89
  • III 経営諸学の分類 / p92
  • IV 一般経営学と特殊経営学 / p99
  • V 経営学の体系化 / p106
  • 第5章 経営学の国籍と名称 / p112
  • I 問題の所在 / p112
  • II 経営学の国籍 / p113
  • III 経営学の名称 / p123
  • 第2部 経営学の史的考察
  • 第6章 経営学史の意義と位置づけ / p139
  • I 経営学史の方法論 / p139
  • II 経営学史研究の意義 / p144
  • III 経営学史の二重機能 / p147
  • IV 経営学史の存在理由 / p150
  • V 経営学史の位置づけ / p153
  • 第7章 経営学史の性格・対象・方法 / p159
  • I 経営学史の学問的性格 / p159
  • II 歴史科学としての経営学史 / p163
  • III 経営学史の研究対象 / p167
  • IV 経営学史研究の方法 / p168
  • V 方法論の新たな展開 / p175
  • 第8章 経営学の生成根拠と生成基準 / p182
  • I 問題設定 / p182
  • II 経営学の生成根拠 / p183
  • III 経営学の生成基準 / p187
  • IV 新たな基準に向けて / p199
  • 第9章 日本経営学の生成期 / p201
  • I 問題設定 / p201
  • II 日本経営学の生成過程 / p203
  • III 生成期をめぐる議論 / p215
  • 第10章 経営学の発展と学派形成 / p221
  • I 経営学発展の要因 / p221
  • II 主体要因と学派形成 / p223
  • III 学派形成の基礎と基準 / p226
  • IV 学派形成の意義と問題点 / p234
  • 索引 / p237

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 経営学の方法と歴史
著作者等 田中 照純
書名ヨミ ケイエイガク ノ ホウホウ ト レキシ
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 1998.10
ページ数 240p
大きさ 22cm
ISBN 4623029379
NCID BA38406307
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99043183
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想