繁栄と破綻 : 金融機関バブルのコスト

小林和子 編著

バブル経済からわれわれは何を学んだのか、何を学ばなかったのか?!金融機関と行政の行動を徹底分析!。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1部 繁栄と破綻-バブル前後の金融機関(預金取扱金融機関
  • 証券会社
  • 保険会社・ノンバンク)
  • 2部 金融行政の閉塞と転換(金融政策
  • 銀行行政
  • 証券行政
  • 金融監督庁)
  • 3部 バブル経済の社会的・文化的影響に関するアンケート

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 繁栄と破綻 : 金融機関バブルのコスト
著作者等 小林 和子
書名ヨミ ハンエイ ト ハタン : キンユウ キカン バブル ノ コスト
出版元 日本経済評論社
刊行年月 1998.10
ページ数 276p
大きさ 20cm
ISBN 4818810312
NCID BA38397793
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99100872
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想